キービジュアル

はじめての方へ

広島静脈瘤クリニックは下肢静脈瘤に特化した専門クリニックです

まず初めに、皆さんは下肢静脈瘤という病気をご存知でしょうか?
主にふくらはぎに多く、足に血液がたまることによって、こぶのように膨れたり、血管が浮き上がったりする症状の事です。

10人に1人が下肢静脈瘤と言われており非常に身近な病気です。
「足がむくむ」「足が火照る」「欠陥が浮き出る」「足のむずむず感」「夜寝ているときに足がつる(こむら返り)」などの症状が頻繁にある方は、一度ご相談下さい。

広島静脈瘤クリニックの特徴

患者様の負担軽減を第一に考えた医療を行っております。
保険適応診療を基本に、日帰り手術、丁寧なカウンセリング、その後のアフターケアなど多岐に渡り満足していただける高いレベルの診療・治療を心がけています。

広島静脈瘤クリニックのコンセプト

命に関わる病気ではない分、適切な治療を行わず放置してしまう傾向が強く 「下肢静脈瘤」という症状である事に気が付いていない方、また気が付いていながらも何処に相談したらいいのか、どんな治療をするのか分からない方も多いように見受けられます。
生活の質を低下させる恐れがある病気だからこそ、より患者様にとって身近な存在となれるよう、正しい情報の発信と適切な治療が出来る医院でありたいと考えています。