キービジュアル

下肢静脈瘤の治療方法

傷跡が残らない



血管内高周波治療

逆流している静脈の中にカテーテルという細い棒を通し、高周波で静脈を塞ぐ手術です。
内側から熱を加えて焼くことで焼いた静脈は焼肉のように固く縮んでしまい、治療後半年ぐらいで吸収されてなくなってしまいます。 局所麻酔で細い管を差し込むだけなので、従来のストリッピング手術のように入院が必要なく、日帰りで治療ができて体に負担が少ないです。
メリット

画像



硬化療法

薬を注射して固めてしまう治療です。硬くなった静脈は、半年ぐらいで吸収されて消えてしまいます。 この血管はもともと流れが悪く、体にとって必要の無い血管ですので、無くなっても全く害はありません。 外来で10分程度で行うことができます。
メリット

画像



医療用ストッキング治療

血管の異常がむくみなど軽度の方やお仕事などですぐの手術が難しい方向けの治療法です。
市販販売されている普通の着圧ストッキングとは違う特殊な編み方でつくられているストッキングを着用します。 その特殊な編み方により、足を下から段階的に圧迫し、むくみや余分な血液のたまりを予防することができます。

画像